昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『サイロンレーダー 約1/30 レベル:2』
『穴だらけなんですけど…』

090502_DSCN6163.jpg
フロント下部に穴

090502_DSCN6172.jpg
底面にも穴
何であいているのかがなぞの穴
とりあえず市販パーツでふさぐことにする

090502_DSCN6166.jpg
フロント下部の穴は手芸品のホックを使ってみた

090502_DSCN6173.jpg
底面の穴はこんな感じになった

090502_DSCN6168.jpg
エンジンのカウルを取り付ける
なんだかものすごく隙間ができてる
パーツを仮組みしてみると胴体の中が丸見え
あらら、スカスカがもろばれじゃん

090502_DSCN6176.jpg
せめて胴体内部の空洞がばれないようにとプラバンで裏打ち
こんな作業するなんて、何だか懐かしい
30年位前はよくやってた気がする
そう言えばこれも30年前のキットなんだっけ

090502_DSCN6177.jpg
とりあえず穴がふさがったので上下をくっつける

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『サイロンレーダー 約1/30 レベル:1』
『敵役』

090427_1_DSCN5979.jpg
主役を引き立たせるのはやはり敵役「サイロンレーダー」の役目
箱をあけると、箱の大きさほとんどそのまんまの円盤がでてくる
コクピットのサイズからしてコロニアルバイパーと同スケールかどうかも怪しい

090427_2DSCN5980.jpg
上パーツをどけると…
中にパーツがぐしゃっといった感じで入っている!
なんか、笑える

090427_3DSCN5981.jpg
まずは定番のフィンを薄くする作業に着手
向かって左がキットのまま、右がうすうす加工済み

090427_4DSCN5982.jpg
操縦席のフード前面にはモールドがない
4本の柱を延長する感じで彫りこんでやる

090427_5DSCN5983.jpg
穴が開いた鉄骨のようなパーツ
ハンドルーターのビットを手で押し当てて軽くグリグリ
くり抜かれた円の面取りをすると安っぽさがなくなる

090427_6DSCN5984.jpg
もちろんレーザー砲の砲身も穴をあける
いつもの様に流し込みようの接着剤を使って表面をつるつるにする

090427_7DSCN5985.jpg
こちらは背後のエンジンカバー
左がキットのままで、右が薄く削りこんだもの
薄めの金属が支柱に貼り付けられたときの、
べこべこした感じを出すのも面白いかも

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。