昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ラプター 1/72 レベル:1』
『舶来』

090201_DSCN5674.jpg
昨年末に会社の先輩からたのまれたラプター
冬休みを使えばなんとかなる、と引き受けた
しかし人生儘ならず雑事にかまけてようやくの着手
レベル、舶来品だ!

090201_DSCN5675.jpg
外箱裏面にはレベル社における難易度のランク付け
このキットは「4」なので少々難しいらしい
とにかく箱を開けてみる

090201_DSCN5676.jpg
まったりとしたモールドに大雑把なパーツ分割
国内キットになれた目には難易度も低く見える
が…

090201_DSCN5677.jpg
取扱説明書はドイツ語と英語
日本への輸出も多いだろうに何故に日本語がないのか純粋に疑問
日本が嫌い?

090201_DSCN5679.jpg
設計図の図解もすごい
どうみても手書き
いまどきPCの製図やデザインソフトを使わないとは…
精度は必要ないので問題はないが驚いた
でも、こういった「味」は捨てがたいんだよねぇ

090201_DSCN5680.jpg
地味な機体なのでデカールも少ないと思っていたが…
160番オーバーってことは、これも貼るだけで一週間コース確定
でも、印刷の品質は高い

090201_DSCN5681.jpg
さくっとコクピットを組んでみる
プラは柔らかくて粘り気がある
細かいパーツでも折れる心配はなさそう

090201_DSCN5682.jpg
こんなパーツも一体整形

090201_DSCN5684.jpg
とりあえず今日はここまで
飛行機モデルは2機目なのでちょっと緊張気味
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。