昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『スレーブⅠ』 SLAVE1 1/72 Finemolds
『スレーブⅠ』 SLAVE1 16.May.2010

SLAVE1 was completed.
First of all, it informs the friend in Britain of it.
I studied a new technique while making this work.
The technique is necessary to achieve my image.
However, everything only has not to be used.
When choosing according to the purpose was very important, the technique was studied.

100516_F_DSC_3707.jpg

ひとまず完成です!
ラッカー→アクリル→剥がす→エナメル→油彩→パステル。
このような技術を確立した後に、
ラッカーのマスキングで剥がれを表現するチャレンジを試みるには少々勇気を必要としました。
また、底面のディテールアップも冒険でした。
なにせ、立体物として正解のある存在ですから…。
ただ、自分としてはとても満足しています。
楽しめました。


The cockpit was not made dirty.
However, I want to make it dirty in the future.

100516_F_DSC_3709.jpg

コクピットは汚しませんでした。
ですが、将来汚してみたいと思います。


It seems to be balanced as a whole.
The model was seen easily and it was possible to finish it up though the color of the stand was also safe.

100516_F_DSC_3698.jpg

全体としてバランスは取れているみたいです。
スタンドの色も無難ですが模型を見やすく仕上げることができました。


In the bottom, making beautifully dirty is a difficult place.
However, it became dirty feeling.
 
100516_F_DSC_3702.jpg

底面はきれいに汚すのが難しかった場所です。
ですが、汚い感じにはなりました。


The figure cannot be painted quite well.
However, was atmosphere able to be put out?

100515_P1030336.jpg

フィギュアはなかなか上手く塗れません。
ですが、雰囲気は出せたかな。


Thank you for everybody who associated.
お付き合いいただきました皆様ありがとうございました!


===

18.May.2010
The request was gotten from my teacher.
The photograph of the machine is added.

100518_DSC_3718.jpg

100518_DSC_3719.jpg

100518_DSC_3720.jpg

100518_DSC_3716.jpg

塗装の師匠宮崎先生からリクエストをいただきました。
ここまでアップだと恥ずかしいのですが…。
思い切って高解像度でアップさせていただきます~。


スポンサーサイト
コメント
コメント
完成おめでとうございます!
滅茶苦茶格好良い!!
塗装の剥がれ具合、裏面のディティールと塗り分け、ウェザリング、堪りません!!
製作お疲れ様でした。
眼福です♪
2010/05/17(月) 20:07:16 | URL | ピカ #- [ 編集 ]
ありがとうございます!
今回は基本色の調色でおおちゃくしたので、後で帳尻を合わせるのが大変でした。でも、ごまかすテクニックは身についたかな?

あと、色々な塗料や筆を使った汚しの作法を試しながら積極的に取り入れることができたので楽しめながらも勉強になりました。

最終的に完成までたどり着けたのは皆さんの拍手や訪問者数に励まされた所も大きいです。ありがとうございました!
2010/05/17(月) 20:41:34 | URL | えむろぼ #kEawCMz. [ 編集 ]
完成おめでとうございます!
あらためて、この機体って
ものすごく大きなものだったのですね!
フィギュアによって大きさがハッキリして
迫力が増しています。
剥がし技法がうまく決まりましたね。
みどり色の部分が、色の差の少ない剥がしの参考になりました。
キャノピーの透明度もデフォルトではなく
手を入れてあるのでしょう?
圧巻は裏面のメカニカルな表情ですよね。
こちらをメインに見せて欲しいくらいです。
2010/05/18(火) 00:08:16 | URL | 宮崎 #cXp81IFc [ 編集 ]
高解像度版画像を追加しました
ありがとうございます。
これも宮崎さんの指南の賜物です。
キャノピーは手を加えていません。
きっと撮影の効果かと思います。
あと、リクエストをいただきましたので、
高解像度画像を数点追加させていただきました。
ごらんいただけると幸いです。
2010/05/18(火) 01:49:34 | URL | えむろぼ #kEawCMz. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。