昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ストロングバッカス 1/35 TTA:2』
『テキトーだと泣きます…』

091206_DSCN6475.jpg
テキトーに作業を進めていたら…
肩の受け軸が邪魔をしてパイロットは入らない、
ふたも閉まらない、
と、
まぁ、散々なテイタラク
おかげで無様にがりがりと削るハメになりました

091206_DSCN6477.jpg
ハッチは開けない(開けられない T_T)けど
何とかさまになってきたかしら?
へヴィーマシンガンはストックとバレルを切り詰めました
ちょっとした違和感が気に入ってます

091206_DSCN6472.jpg
カッティングシートに耐水ペーパーを貼ったヤスリを作ってみました
カッティングシートを短冊状に切る作業で左二の腕の外側筋肉を傷めました
強く抑えすぎたみたい、でも、ホント、真面目に痛いです(裂傷?)
カッティングシートを切るときにはお気をつけくださいませ
スポンサーサイト
コメント
コメント
ナハハ
コックピットとか、
ある程度の大きさが決まってるものを仕込む場合は
けっこう手を焼きますよね、頑張って~。

そうそう、超音波カッターがあると
こういった切り刻みもサクサク進みません?
2009/12/06(日) 22:33:08 | URL | ebaratch #- [ 編集 ]
そうなんですよね。
肩や腰にポリキャップ仕込むとコクピット開けられなくなりますよね。
コクピットを活かしつつ間接補強するにはどうしたら良いんでしょうね?
2009/12/07(月) 20:24:28 | URL | ピカ #- [ 編集 ]
≫ebaratchさん
超音波カッターなしでは取り組む気にさえならなかったと思います。^^;
幅詰めはノコが便利な場面も多いのでので使いが肝心ですが…。
コクピットは諦めて次回の課題としました。
だって「息抜き」だもん。

≫ピカさん
慎重に仮組みをしたらおそらくこんな事態にはならなかったのではないかと…。
とはいえ、昔のキットは難しいですよね、そこが楽しいのですが。
一つには間接を素材と構造から見直すということが挙げられます。
今回は単にポリキャップへと置き換えただけなので今更苦労してます。
細くても強度のある金属を使ったり、穴を必要としない磁石を使ったり…。
考えてみるといろいろ方法はありそうです。
2009/12/07(月) 20:42:02 | URL | えむろぼ #kEawCMz. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。