昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『プロメウスタイプ 1/72解釈 バンダイ:1』
『これまでのあらすじ』

01DSCN5021.jpg
昨年のギャリア&再販祭りにうかされて一度は手放したWMを再びそろえた
手始めのギャロップは何とか完成したが後が続かない
このプロメウスはほぼ一年越し
最近再開したのでこれまでの工作を振り返ってみた

02DSCN5030.jpg
このキットは上腕がネック
1/144ティエレンの腕をそのまま移植することにする

03DSCN5054.jpg
意外としっくりくる仕上がり
ポーズもとりやすくなった
最近のガンプラには食傷気味だが、
こういった使い道が気軽にできるので嬉しい

04DSCN5068.jpg
ふくらはぎの内側はスカスカ
足を折り曲げると中が見えるので適当に詰め物をする
1/144ヴァーチェFGを使った

05DSCN5075.jpg
プロメウス最大の特徴である火炎放射器
ちょっと手を加えるだけで存在感がでるのは、
元のデザインが優れてるからなんだろうなぁ

06DSCN5085.jpg
上半身の銃座も作りこんでみようと思い立ち資料を調べる

07DSCN5090.jpg
エッチングパーツも多用してみる
この時点でスケールを1/72解釈にすることを決めた気がする

08DSCN5092.jpg
気が付けば1/72スケールの模型を作ったことがない
そこでなじみのないAFVを適当に買ってきて研究することにした
1/35は流用パーツに使用かと考えていたが大きすぎた

09DSCN5111.jpg
プロメウスは航空機の延長線上にある設定と位置づけた
特徴では短いながらも飛行ができるとあったので
そこで、航空機っぽいディテールをふくらはぎに入れた

10DSCN5120.jpg
飛びそうなくらい大きなバーニアを装備させる
周囲には1/72スケールのジャンクパーツを配置

11DSCN5174.jpg
1/48からもいろいろと持ってきて貼り付ける
劇中の印象では生活の場となっていることもあるようだったので、
荷物をいっぱい積んでいるってのも面白いなと考えた

ざっとこんな感じ
ようやく方向性が決まり、
それに見合う技術も習得できたので塗装に進むことにした
スポンサーサイト
コメント
コメント
なんで
ここまで作っておいてフィニッシュしないのかと小一時間(笑

ま、色々ありますよね~
僕も気軽にガバメントを組み立てて
「お~、ナイススタイル!」と思ったんですが
意外に手間取りそうです・・・。

多くの凄腕モデラーさんがコイツに難儀した理由が少しづつ明らかに!(笑
2009/06/06(土) 23:00:00 | URL | ebaratch #- [ 編集 ]
タイミング
今までとは異なる手法との出逢いがあったので無理に進めませんでした。
最近は歳のせいか「タイミング」というのがなんとなくですが判るんです。
模型は趣味なので最近は気長にいろんなことをしながら、タイミングが訪れるのを待つ傾向にあります。
自分が満足できる方向にすすんでいるので楽しいですよ♪

ガバメントも面白そうですよね!
次はダッカーとかオットリッチもいいなぁと思ってます。
でも、ガバメントを同じタイミングで進めるのも面白そう!
さて、どうしようかなぁ。
2009/06/07(日) 03:24:39 | URL | えむろぼ #kEawCMz. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。