昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:15』
『チュニジアグリーン』

081218_DSCN5592.jpg
とりあえず、組立図から必要と思える色を買ってきた
調合もするので空瓶も買った
じみ~に出費

081218_DSCN5593.jpg
今後のことも考えてラッカーも調達
グンゼって瓶の形変わったのね

081218_DSCN5594.jpg
組立図どおりに配合しているようでもなんか違う気がする
パッケージのダークイエローが妙に緑がかったりしてるし
どんな色が正解なのか資料がいるなぁ
というか、せめて色見本くらいつけてくれや、田宮さん

081218_DSCN5595.jpg
ダークイエローの上に…

081218_DSCN5596.jpg
なんやようわからんが
オリジンなチュニジアグリーンで塗ってみた
違う気もするけど、まあ、しかたないか
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:14』
『剥がし』

081217_DSCN5575.jpg
こらえしょうがない
我慢できずに見えない底で試してみる
面白いように剥げる♪

081217_DSCN5577.jpg
引っかき傷だとさび止め色が見えない
これではちょっと…なので
1000番台のヤスリやシンナーで溶かしてみる

081217_DSCN5586.jpg
大きくてグラデーションがかったダメージはまずまず
左下はヤスリで真ん中上は溶剤
でも、調子に乗ってやりすぎた

ちなみに、ここまでの行程は、
右のリンクにも掲載のある達人サイト

 戦車模型 AFV fun
 http://sanwakatu.blog115.fc2.com/
 宮崎一誠さん 

の記事をものすごくお手本にさせていただいています
ありがとうございます>宮崎さん

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:13』
『ダークイエロー』

081215_DSCN5562.jpg
色の指定はダークイエロー
買ってきてから塗ろうかと思ったのだが、
手が勝手に色を混ぜ始めていた
ああ、なんとせっかちな自分だ

081215_DSCN5572.jpg
小さな塗料皿のふちを折り曲げる
この皿で適量に薄めて塗装する
作った色を一度に薄めると、
やりすぎたとき後戻りできないから

081215_DSCN5574.jpg
ぶしゅ~っと塗装
う~ん、なんかホントに戦車塗ってるみたい
ダイナミックに色が変わっていくところが快感
たのしい♪

081215_DSCN5590.jpg
ダークイエローでの塗装を完了
でも、パッケージの色とはどこか違う気がする
なんでだろう?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:12』
『さびどめ』

081214_DSCN5568.jpg
タミヤエナメルのハルレッドで錆止めカラーを塗装

081214_DSCN5571.jpg
なんか、朽果てた戦車って感じ

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:11』
『鉄の棺桶』

081213_DSCN5552.jpg
とりあえず使いそうな色を並べてみる
ずいぶんと足りない感じ
鉄っぽい色は調合することにする

081213_DSCN5553.jpg
調合とかいいながらこの程度
エナメルをはがすので鉄色は強固な皮膜のラッカーを使う

081213_DSCN5554.jpg
泥まみれになる履帯でまずは様子を見る

081213_DSCN5555.jpg
戦車のシンボル
砲塔を塗装して悦に入る
かっこいい~

081213_DSCN5558.jpg
どうてもいいけどダイキャストシャーシは重いっつーの
完成後の重量感って考えはいいけど、
組み立てる途中ではデメリットしかない
間違って落っことしたらそれこそプラ部分は粉砕しかねないよ

081213_DSCN5560.jpg
全体が鉄色になるとなんだかゾゾッと鳥肌が立ってくる
おおおおお!戦車だぁ、鉄だぁ、鉄の棺桶だぁ(戦場まんがシリーズby松本零士)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:10』
『サーフェイサー』

081212_DSCN5546.jpg
排気マシンの雄姿
サーフェイサーの飛沫も強力な吸引とフィルターがガッチリとキャッチ
若干の臭気は致し方ないもののマスクなしで塗装できるのは嬉しい
工房内に積もりがちだった塗料の粒子もなくなり一安心

081212_DSCN5545.jpg
溶剤で3倍ほどに薄めてエアブラシようの濃度にしてあるサーフェイサー

081212_DSCN5540.jpg
履帯は凹凸が大きく意外とサーフェイサーを使う
不要とは思えるが塗装用の塗料を吸収する役目もある
このおかげで塗料の濃度が薄めでも垂れたりムラになることが少ない

081212_DSCN5544.jpg
1/76よりはディテールが繊細なので塗りごたえがありそう
これから「鉄色」「さび止め色」「デザートイエロー」「チュニジアグリーン」と塗り重ねる予定
サーフェイサーとあわせると5層になるのでディテールも甘くなりそうな予感
でも、試したい方法があるのでこのプランで進めようと思う

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:9』
『塗装前』

081210_DSCN5510.jpg
泣く泣く工具箱は別のタイプを取り付けることに
それにしても詳しい人が見たら怒るだろうなぁ
ま、はじめてまじめに作ってる戦車だから仕方あるまい

081210_DSCN5511.jpg
フェンダーは瞬間接着剤の点づけではすぐ取れてしまう
ここで硬化スプレーの出番
ガッチリ付けときます

081210_DSCN5513.jpg
グンゼの『グールーアプリケーター』(http://www.1999.co.jp/10064125)
模型で使う接着剤の大半を受け付けない軟性樹脂製のヘラ

081210_DSCN5514.jpg
こんなふうにシナヤカ
プラパテを隙間にすり込むのにはもってこい
先端は3種あるので瞬間接着剤の点付けにも使える

081210_DSCN5522.jpg
1000番のペーパーをたくさん使う
ゼロを書くのが面倒なので”K”で済ませる

081210_DSCN5523.jpg
なんか、ペーパーがけが下手になってる気がする
ぬるま湯の時代が長かったからか

081210_DSCN5512.jpg
バラして次回は下地塗装
サフっていらない気がするけど…

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。