昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:8』
『比較』

081129_DSCN5497.jpg
塗装前に1/76と並べて大きさを比べてみた
あらためて大きいなぁ、と実感
とはいえ、主流の1/35よりはずっと小さいわけで…

081129_DSCN5504.jpg
巨人ですな

081129_DSCN5507.jpg
これは同じスケール同士
やりようによっては面白い場面が作れそう
久しぶりにジオラマなんて気になりかけるが
…やめとこ
スポンサーサイト
『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:7』
『だめじゃん』

0081128_DSCN5481.jpg
砲身にペーパーをかけてアクセサリーをつけたら砲塔も完成
嬉しくなってボディにちょっとのせてみる
機銃は1/72の時に折ったので最後につける予定
ちょっとした達成感を味わう

0081128_DSCN5492.jpg
が、しかし工具箱とハッチが干渉している
だ、だめじゃん

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:6』
『覆水盆に返らず』

081126_DSCN5480.jpg
賢い方なら前回の日記で既にこの惨事にお気づきのはず…
ああ、極初期型なのにピストルポートではなくハッチがぁああああっ
ばらしてやり直す気にはなれず…

081126_DSCN5469.jpg
ちぇっ、ちぇっ
どうせ俺なんて…
と、すねてみる

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:5』
『スライド金型』

081125_DSCN5465.jpg
いよいよクライマックスの砲塔
戦車の顔ともいえる砲塔の前面装甲板にはシビれる

081125_DSCN5466.jpg
今のご時世、砲身が真っ二つに分割されているのはいかがなものか
ガンプラではあのボールだって砲身は縦方向分割のスライド金型なのに…
戦車模型って売れないのか?
今作初めてのプラパテ登場となりそうな場面
ちょっと、嬉しいかも!?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:4』
『うすうす』

081121_DSCN5438.jpg
模型誌では定番という工作「うすうす」攻撃
デザインナイフの腹を使ってエッジを薄く削る

081121_DSCN5442.jpg
装着するとこんな感じ
エッジをタミヤセメント流し込みタイプで滑らかに

081121_DSCN5462.jpg
細かいメカをちくちくと取り付けていく
一通り終わると、かっこいい~♪
メカ萌え

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:3』
『戦車の作法』

081120_DSCN5397.jpg
いろいろな時期の仕様を再現するためにすべてのディテールが刻まれている
そのなかから、自分が組み立てる時期に必要なディテールを残す
基本的に削るだけなのだけど、ちょっと勇気がいる

081120_DSCN5398.jpg
説明書どおりにカッターでやろうと思ったが、
うまく削れずニッパで切り落とした
少々乱暴だったかな
ペーパーがけは1000番で行った
アニメモデルは400~600番がメイン
でもこのスケールでは削れすぎて怖い

081120_DSCN5399.jpg
1.前回までの姿

081120_DSCN5400.jpg
2.フロントフェンダーを載せて…

081120_DSCN5401.jpg
3.上部装甲を載せる

1.2.3.と遊ぶと、なんかとっても工場にいる気分
内部は(幸い)再現されていないけど楽しい

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM:2』
『履帯と書いて(りたい)』

081120_DSCN5393.jpg
1/76の練習を思い出して組んでみる
今回は転輪と履帯を接着する方法でアプローチ
ホントにうまくいくのかなぁ

081120_DSCN5394.jpg
一枚ずつ組む起動輪部分は接着してから曲げる
ただ、外側にくもの巣のような糸が発生してしまうのでお勧めできない
とはいえ、一枚ずつはれる訳もなく…
これって難しいなぁ、と思う

081120_DSCN5395.jpg
問題は多々あるがとりあえずくっついた
つなぎ目におかしな隙間はあるし、
あまりにたるみがなくて鋭角だし、
AFVってつくづく難しい

ただ、面白いのが実際の戦車を作っているかのような錯覚を味わえること
そういった意味ではダイキャストシャーシは一役買っている

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【1/35 タイガーI 後期型 DRAGON】
【1/35 タイガーI 後期型 DRAGON】

6383.jpg
\5,250(本体価格¥5,000)
平成20年11月13日
新金型追加!ツェメリットコーティング済み!
★ツェメリットコーティング済仕様 ★ツェメリットコーティング済一体式砲塔 ★キューポラ2種付属、ヘッドパッド付キューポラ ★コマンダーズハッチ旋回アーム、ラジエーターファン分割式 ★エスケープハッチ、トーションバー可動 ★近接防御兵器360度回転&開閉選択式 ★砲身リコイル ★マズルブレーキ、アイドラーホイール、ロードホイールハブ2種付属 ★MG機関銃を精密に再現 ★シャシー2方向スライド成型 ★配線ケーブル付ボッシュライト ★リアプレートエンジンヒーター&ヒーターカバーオプション ★Ds素材キャタピラ ★エッチングパーツ付属 ★カルトグラフデカール付属 他

・DRAGON
http://www.dragon-models.com/
・2008 第48回 全日本模型ホビーショー
http://www.dragon-models.com/TokyoHobbyShow2008/index.htm

===

先日模型屋さんでキットを見てきた
ドイツ戦車は中期から後期にかけて、
そのほとんどがツメリットコーティングされた、らしい
ホネチャージ吸着爆雷なるものをドイツが開発して、
敵も同じものを使ってくるのでは…と考えての対策だったとか
しかし、そんなことはまるでなく大戦末期には廃止されている

で、そのツメリットコーティングなるセメント加工がすごい
凸凹がこれでもかという感じに表面に彫り込まれている
エッチングパーツも付いているし
DSキャタピラというアサフレックス素材のような軟性樹脂の履帯
これは一見貧弱だが組み立ては楽そう
タミヤのキットを考えていたけれど1/35のタイガーはこれにしようか、なぁ
『タイガーⅠ型 極初期型 1/48 タミヤMM』
『黒のMM』

081118_DSCN5370.jpg
1/35では手に余りそうなので1/48のタイガーを作ることにした
クラブタイプは、しばらく寝かせることになりそう

081118_DSCN5374.jpg
1/48MMシリーズの売りはこのダイキャストフレーム
手に取ったときの重さが模型の魅力に繋がるのだとか
複合マテリアルってのはちょっと抵抗がある
その分値段を下げてくれたほうが今は嬉しいと感じる
加工も楽だし

081118_DSCN5380.jpg
まずはキャタピラ
1/76で練習済みなので特に問題ない
大きい分かえって作業がしやすく感じる

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『クラブタイプ』
『ちっちゃなスケール1/144』

081118_DSCN5444.jpg
フィギュアの流れでなんだか小さいものを作りたくなった
1/48のアクテックギアとかもよい
しかし、プラモがよくて1/144クラブを選んだ

081118_DSCN5445.jpg
懐かしいタイプのセメダイン
使い方が下手でよく足りなくなったっけ

081118_DSCN5446.jpg
当時はチューブに比べるとなんか洗練された気がしてた
むしぴんって…
あのころは昆虫採集とか普通にやってた
ゆえに虫ピンも日常の中にあった気がする

081118_DSCN5449.jpg
昔のプラモらしい「はさんではさむ」入れ子構造
間接の新造、後はめ、など面倒な事は考えないことにした
セメダインが少しでもはみ出すと可動部が接着してしまう
難易度は高め、当時の子ども達は偉かった

081118_DSCN5457.jpg
ぼんやりと考え事をしながら手を動かすと小一時間
…結構時間かかるもんだなぁ、と思った
もちろん、間接なんかカクカクで立たせるのに一苦労
でも形になるって嬉しい、固定ポーズにするか

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:9』
『完成』

081113_DSCN5433.jpg
できた!

仕上げはハンブロールのマットをシンナーで薄めてエアブラシ
ブレンディングで乱れた艶が均一になって随分と落ち着いた
瞳にはグロスをおとしてキャッチを与えることでより人っぽくなった
これにて、一件落着

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:8』
『そろそろ仕上げ』

081112_DSCN5359.jpg
地道にちまちまと作業を進めている
色のグラデーションは意外とシビアで、
差が大きすぎるとブレンディングでのなじみが悪い

今回はすべて新しい塗料なのだが白が粉っぽい気がする
トップハイライトのブレンディングも難易度が高い
コツは大胆にしかも繊細に…(←難しい、って)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『戦闘妖精雪風』
『戦闘妖精雪風』のデジラマ バンダイEXモデル 1/100

081111_yukikaze_A.jpg
作った模型をジオラマにするのが子どものころから好きでした
デジタル技術の進歩で昨今ではこんな合成が簡単にできるようになりました
今日は模型を1回お休みして昔作ったデジラマをご紹介します

====================

081111_yukikaze_1.jpg
1.まずは背景になる写真を探します
私は背景ありきで制作を進めるので選ぶのにも時間がかかります

081111_yukikaze_2.jpg
2.不要なものを消し去ります
このへんはデジタル技術の最も得意とするところ
よい時代になりました

081111_yukikaze_3.jpg
3.背景にあうようなアングルとライティングで模型を撮影します
基本的に日光が一番きれいで自然に写ります

081111_yukikaze_4.jpg
4・撮影した雪風を切り抜きます
あとは先ほど用意した背景と重ね合わせます
基本はこれだけ
とはいえ、大きさ、ライティング、影、陽炎や排気のエフェクトなど
模型と同じように、ちまちまと手を加えます

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:7』
『シャッコが主役』

081110_DSCN5354.jpg
タイトルとは裏腹に彼が主役であるかのような進捗
でも実際大きいし造型も細やか
反面カン・ユーは抜きの関係もあり、
フィギュア初心者には難しい造型

腰巻の縁が何色かわからずDVDを見たりネットを調べたりした
DVDを見返してみるとシャッコが全身で映るカットは皆無
ブーツの色やベルトの色など確認に骨が折れた

081110_DSCN5355.jpg
カン・ユーはもっと意地悪そうな顔だし、ひげにも品が無い
でも、表情を描くに等しい作業なので今の力量ではこんなもの
習作とはいえもう少し造型にも手を入れておけばよかった
髪の毛、難しそうだなぁ

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:6』
『目は命』

081109_DSCN5343.jpg
先日購入したSableの筆をおろして瞳を描きいれてみた
右目が若干大きいが修正しようかどうしようか悩み中
見る角度によっては表情が豊かに見えるからだ
肌色と顔とスパッツがおわって髪と衣裳の下塗りまですすんだ

ブレンディングのコツは下塗りを完全に乾かすこと
そして各色は完全に乾ききる前にふちをぼかすこと
調色のとき明暗は基本の色に白や黒を混ぜて明度の調整をすること
(似た色で濃い色や明るい色を混ぜると違う色になってしまう)
など、色々勉強になってます

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:5』
『ハイライト』

081108_DSCN5334.jpg
昨日に引き続いてハイライトを塗ってみた
3階調の色を作るのだが調色もブレンドもやはり難しい
しかし、昨日よりはすこうしだけコツがつかめてきた
ひょっとして、顔よりも体のほうが簡単、とか思ったのが間違い?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:4』
『ブレンディング』

081107_DSCN5333.jpg
シャドウ3段階を塗ってみる
ブレンディングというグラデーション付けがとても難しい
下の色をブレンディングのときに拭い去ってしまうみたい
自然なグラデーションが表現できず少しへこむ

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:3』
『英国の香り』

081106_DSCN5318.jpg
横着をして缶のサフを使った
いつもは瓶のものを薄めてエアブラシする
でも、少量のときは準備が要らないので結構重宝

081106_DSCN5321.jpg
マイナスドライバーでふたを開けると英国の香り
さすがに分離しているのでゆっくりと攪拌する
すぐになじみトローリとしたよい粘度になる

081106_DSCN5322.jpg
とりあえず下塗り
ハンブロールはタミヤのものより伸びも発色もよい感じがする
一晩乾かしてから次の行程に進むそうなので今日はおしまい

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:2』
『紫色』

081105_CA390077.jpg
シャッコの衣装が紫色なので、結局、青と黄色を購入しました。
あと、つや消し剤も。
加えて誘惑に負けて筆も買ってしまいました。
仕事がテンパッているので今日はこれにて!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『カン・ユーVSル・シャッコ:1』
『Humbrol』

081104_DSCN5309.jpg
戦車兵でも塗ろうと思ってとりあえずの色を買ってきた
ん、待てよ、ってことはもう一両戦車を作らないといけないのか?
いえいえ、それはできません

081104_DSCN5316.jpg
数ある候補の中から彼らが選ばれました
スケールも1/48なので1/35に比べると手ごろ
単品で世界が成立しているので教材にも最適
パーティングラインを消していたらABSの香りがしました
…プラじゃないんだ

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『書は知なり』
1/76のフィギュアを塗るときに参考にした2冊

・How to build DIORAMAS
081103_IMG.jpg
おそらく中学生のころに買ったもので、以来ず~っと手元においている
キャラクターものを作りながらも時々眺めていた
学生の頃はジオラマが好きで、今でもデジラマなどは時々作っている
この書籍もリニューアル出版されたようなので今度探してみよう

・ArmourModelling
081103_IMG_0003.jpg
薄い割りに高いのでびっくりするが内容は充実している
土居雅博さんの記事には驚くとともに次回は是非お手本にさせてもらいたいと思った
明日当り、そのハンブロールとやらのエナメル塗料を探してみよう
そうそう、筆もそろそろ変え時だろうし…

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型:10』
『タイガーⅠ型』その10 ~完成~

081103_DSCN5257.jpg
本体もそれなりにできてきたので搭乗員の準備を進める

081103_DSCN5275.jpg
ショパード・ペイン氏の書籍を紐解きながら塗ってみる
しかし、思うとおりに行かない
この世界はおくが深い

081103_DSCN5281.jpg
とりあえず戦車に乗せてみる
ブレンディングの影響でフィギュアには艶が出てしまった
これをつや消しにするのはトップコードか

081103_DSCN5293.jpg
全体のトーンをなじませる意味も含めてタミヤのツールを使ってみる
ススや泥の雰囲気はかなり出せたと思う
特にキャタピラの内側についた泥の表現にはピタリ

081103_DSCN5306.jpg
きりがないのでこの辺で完成ということにします

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型:9』
『タイガーⅠ型』その9 ~キャタピラ~

081102_DSCN5251.jpg
全体を4つに分割してあらかじめ接着していたキャタピラを取り付けた
とうぜんだけどなじみが悪くて往生
転輪とキャタピラを瞬着で点付けして綿棒をねじ込み圧着
もう少し考えて作業を進めればよかったとプチ後悔

昨日破壊した輪転は挟み込むだけですませた
特に問題はなさそう

081102_DSCN5250.jpg
本体完成の目処が立ったので搭乗員の準備に入る
めんどくさいからやめようかなぁ
とも思うがスケール感を演出するにはフィギュアは必須
もうすこし頑張ってみよう

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『タイガーⅠ型:8』
『タイガーⅠ型』その8 ~デカールとドライブラシ~

081101_DSCN5244.jpg
数枚のデカールを貼って乾いたらドライブラシ
控えめにしたつもりでも完全にオーバースケール…
う~ん、ディテールはさらにくっきりとしたものの
リアルというよりはファンタジー

081101_DSCN5245.jpg
キャタピラをはめていたら「バキッ」
あらら、またやってしまいました
あはは
さて、どうやって補修しようか

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。