昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『デューイ 1/4 ディスティニーモデル:4』
『デューイ』 Dewey 26.Aug.2010


It completed it.
It is not expressed that it is dirty.

100826_1.jpg

一応完成としました。
ウエザリングはスケールが大きいので勉強しながら少しづつ進めようと思います。


100826_2.jpg


100826_3.jpg


100826_4.jpg


100826_5.jpg
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『デューイ 1/4 ディスティニーモデル:3』
『デューイ』 Dewey 19.Aug.2010

It is an update after an interval of one month.
Basic painting ended.

100819_DSCN6686.jpg

一ヶ月ぶりの更新です。
なんとか、基本塗装まで終わりました。


The hole is carved according to the manual.

100819_DSCN6673.jpg

説明書にしたがって穴を掘ります。


Wiring is confirmed with DVD.
It is different from the wiring for the manual somehow.

100819_DSCN6681.jpg

配線をDVDで確認しますが説明書とは異なるようです。
はて、どちらにあわせましょうか…。


Construction ended.
Hereafter, the groundwork will be painted.

100819_DSCN6674.jpg

工作が終わった状態です。
この後、サフ、下地の黒、基本色、と進めます。


The sealer of VOLKS is used.
This is a very excellent paints.
The origin is the one used for the sheet metal groundwork painting of the car.

100819_DSCN6675.jpg

カレキにはおなじみのボークスサフです。


The bubble appears innumerably.
It enlarges a hole one by one and it buries it again.

100819_DSCN6678.jpg

よく出来ているようですが塗装で気泡が姿を現します。
片っ端から穴を広げて埋めなおします。


After the bubble is buried again, the black of the groundwork is painted.

100819_DSCN6683.jpg

気泡の処理が終わったところで下地の黒を塗ります。
ちなみにベースグレーMAXを使ってます。


Construction was added to connected part of the cable.
It seemed to was a real thing and to show it, parts were procured in Akihabara.
Because parts are the metals, painting is carefully advanced by using "Humbrol".

100819_DSCN6687.jpg

ケーブルの接続部分はDVDを参考にディテールアップします。
パーツは秋葉原で調達しました。
金属なので剥げにくいハンブロールを使いました。


It becomes as shown in the photograph.

100819_DSCN6690.jpg

こんな感じです。


Electrical equipment was given.

100819_DSCN6691.jpg

電装も完了です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『デューイ 1/4 ディスティニーモデル:2』
『デューイ』 Dewey 19.Jul.2010


It seems to be able to color soon because construction was completed.

100719_1_DSC_4727.jpg

工作がほぼ完了しました。
もうすぐで色が塗れそうです。
ライトは思い切って光らせてみました。
3Vで光るLEDが見つかったので電気に弱い私にもできました!


It looks back on the construction to here.
A black instant adhesive was used.
It is an adhesive known well in Japan.
Power to bond is strong, and it is possible to use it as taking the place of the patty.

100719_DSCN6634.jpg

レジンキットは強度が求められます。
そして、隙間が沢山あります。
横山先生お勧めの黒い瞬着を使うことにしました。


The structure to move one's legs is sketched.

100719_DSCN6635.jpg

足を動かすためのイメージをスケッチします。
このスケッチがあるのにお店にいって2時間も方法で悩みました。


The idea shaped with the iron plate and the magnet.
This idea was effective.

100719_DSCN6636.jpg

紆余曲折ありましたがいい感じにまとまりました。


The left side is a kit, and the right side is remodeling.

100719_DSCN6639.jpg

左側がキット、右側が改造したものです。


It remodels it so that the ankle may move, too.
The joint parts to have the shape of the ball are used.
Because this consists of ABS, it is strong.

100719_DSCN6644.jpg

関節技を使って足首も動くようにします。
これで接地感もばっちりです。


It becomes such feeling when moving it.

100719_DSCN6649.jpg

こんな感じに動きます。


Parts are clipped.
It survived because the paper pattern had arrived at the manual.

100719_DSCN6651.jpg

説明書に付属の型紙をコピーして穴を開けていきます。


It cuts it out with the retractable knife that vibrates by the supersonic wave.

100719_DSCN6652.jpg

超音波カッターで穴を繋ぐように切り取ります。
こういった作業にはこのカッターが威力を発揮します。


The place cut out is cleaned.
It sees it like iPod.

100719_DSCN6653.jpg

切り抜いた後をヤスリできれいに整えます。


Specified parts are set in the hole.

100719_DSCN6654.jpg

大変な割りに結果が地味な工作です。
他のドローンとの兼ね合いでパーツに穴が開いていないのは理解できますが…。
難易度、高いです。


The space is buried with a black instant adhesive.

100719_DSCN6655.jpg

隙間を黒い瞬間接着剤で埋めます。


The processing of a right, left parts ended.

100719_DSCN6656.jpg

左右のパーツに関する加工が終わりました。
いや、ほんと、地味に大変です。


The bolt changed shape by my idea.
It worried because it differed from the expression in the movie.

100719_DSCN6659.jpg

ボルトは6角ナットと丸リベットを組み合わせて作りました。
劇中の表現とは異なりますが、らしさ、を取り入れてみました。


The left and right part was able to be detached.
There is a thin metallic line besides the screw.
Parts are fixed in this metallic line.

100719_DSCN6660.jpg

左右のパーツは真鋳線で固定しました。
これで取り外しが可能になりました。


It is a root of the cable connected with the foot.
To detach it, it processed it.

100719_DSCN6664.jpg

本体に付いているケーブルホルダーの基部です。
らしさと着脱を考えて工作を加えてみました。


The joint used polyethylene.
It is because it is not easy to break even if it moves it compared with plastic.

100719_DSCN6665.jpg

関節にはポリエチレンを使いました。
滑らかでヘタらないからです。

The hole that installed LED was made.

100719_DSCN6666.jpg

LEDを取り付ける穴を開けました。
ちょっとコツがいりました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『デューイ 1/4 ディスティニーモデル:1』
『デューイ』 Dewey 08.Jul.2010


A terrible present was gotten from the friend in Britain.

100708_DSCN6620.jpg

英国の友人からもの凄いプレゼントをもらいました!
なんと、あの「サイレントランニング」の「デューイ」です
スケールは1/4とかなり大きめ


The oil of the kit is dropped.

100708_DSCN6622.jpg

油汚れ用の漬け置き洗剤を使いましたが今ひとつでした


After all, individual parts are washed applying the cleanser to the toothbrush.
It took one hour.

100708_DSCN6623.jpg

結局、クレンザーを歯ブラシにつけて一つ一つの部品を洗います
一時間かかりました
洗面所で汗だくです…(^^;


It is dried while confirming the state of the kit.

100708_DSCN6626.jpg

キットの状態を確かめながら乾燥させます。


Bonded respect is humbly done.
Because the kit is large, work is also serious.

100708_DSCN6628.jpg

接着する面を平にします
キットが大きいため作業も大変です
穴の開いた目の粗いヤスリが便利です


Temporary assembly was completed.
It is atmosphere that seems to be going to begin to move at any moment.
It seems to recall the movie and do the stream of tears.

100708_DSCN6633.jpg

仮の組み立てが完了しました
今にも動き出しそうな雰囲気です
映画を思い出して涙が流れてきそうです

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。