昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『サイロンレーダー 約1/30 レベル:7』
『完成』

1DSC_9045.jpg
レベル、サイロンレーダー完成の図

2DSC_9045.jpg
青白くしようと思ったけど普通にグレーで正解

3DSC_9045.jpg
油彩やはがしはまず裏面で練習した

5DSC_9045.jpg
低いアングルからだと渋い

4DSC_9045.jpg
後ろもいいなぁ

6DSC_9045.jpg
風防は失敗…

001DSC_9045.jpg
可動部とエンジン部分は汚しすぎかなぁ

002DSC_9045.jpg
こういうところはジャンクパーツがいい味を出している

003DSC_9045.jpg
油彩での汚しはエナメルより描きやすい

005DSC_9045.jpg
オイル漏れとかいいかんじ

と、いうことで、完成
宮崎さんの指南に感謝!
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『サイロンレーダー 約1/30 レベル:6』
『はがす』

DSCN6242.jpg
銀の下塗り、白の上塗り、そしてはがす
ハゲチョロという銀色を使ったチッピングでは再現できないリアリティに酔う
ホントにはがすって、やっぱりステキ♪

DSCN6244.jpg
調合ステックでコリコリと引っかく、
アクリルシンナーを含ませた麺棒で優しくふき取る、
時には荒々しくこすり付ける等など
はがし方も色々

しかし、麺棒の毛の抜けは何とかならんものか…

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『サイロンレーダー 約1/30 レベル:5』
『機体色塗装』

090517_DSCN6221.jpg
グレーの箇所を先に塗ってマスキングすることにした
隠す面積が少ない方が楽だと考えた

090517_DSCN6222.jpg
しかし、現実は甘くない

090517_DSCN6223.jpg
め、めんどくせぇ…

090517_DSCN6225.jpg
今回の機体色はタミヤアクリルで作った明るめのグレーにした
アクリルガッシュの筆塗りは色々と考えて断念
ギャラクティカのメカは一歩間違うととてもスターウォーズっぽい仕上がりになってしまう
まぁ、ジョン・ダイクストラがプロデュースを手がけているので当たり前といえば当たり前なのだが

ささやかな抵抗をコロニアルバイパーでは機体をグレーにすることで試みた
サイロンレーダーでも白は使わずグレーにしてみた
でも、かなり白いけど

090517_DSCN6231.jpg
操縦席のフードは光沢の黒をラッカーで塗装
そのあと、調合したタミヤアクリルを筆塗り
でも、なんかうまく塗れない
塗っていると直ぐに塗料がなんか分離してくるように変に固まってしまう
何がまずかったのかなぁ

090517_DSCN6236.jpg
今回も付属のデカールを貼ることにこだわってみた
これくらいの凹凸ならぴったりと馴染む
艶は仕上げにつや消しクリアで対応する予定

090517_DSCN6237.jpg
しかし、このアタリの凸凹はさすがに厳しい
見事にデカールがちぎれてしわくちゃになった
後でリタッチすればいいか

090517_DSCN6234.jpg
基本の塗装とデカール貼りが終了
これからが今回の本命「汚し」となる
お手軽に作るためにデカールにこだわろうと考えていた
しかし、コロニアルバイパーしかり結構手を入れて作っている
マスキングして塗装した方がよっぽど綺麗なのに、なぜデカールを使うことにはこだわるのか?
自分でも良くわからないけど、意地?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『サイロンレーダー 約1/30 レベル:4』
『下地塗装』

090508_DSCN6195.jpg
サフが乾くと一層らしくなる♪
気分はグレッグ・ジーンかマーク・ステットソン、古いなぁ

090508_DSCN6196.jpg
既存のディテールと付加パーツの違和感もさほどないように感じる

090508_DSCN6198.jpg
下塗りを銀にするために一回黒で塗りつぶす
このほうが銀がより銀らしくなると信じているので…

090508_DSCN6199.jpg
黒と銀の差が最終的な白色塗装の色味の差となるかもしれないと考えた
そこで、銀は部分的に止めてみることにする
この後は白に近いアクリルのグレーをエアブラシで塗装して、
その上から薄めたエナメルかアクリルガッシュを筆塗りで、
うす~く純色の白を筆塗りの痕も味にしながら塗り重ねてみるつもり
サイロンは刷毛なんか使わないんだろうけど今回そのへんは無視 (汗

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

『サイロンレーダー 約1/30 レベル:3』
『往年の定番』

090503_DSCN6178.jpg
コロニアルバイパーではやらなかったディテールアップ
エッチングパーツやジャンクパーツを貼りこんでいく
その辺の許容量があるのがサイロンレーダーの良いところ
やってもやっても終わらない気がするのは気のせいか?

090503_DSCN6182.jpg
理由があるディテールも入れてみたくなる
そこで思いついたのがアポジモーター
これは本体に食い込んでるようにしたい
穴をあけてバーニアを埋め込むことにする

090503_DSCN6183.jpg
ケガキ針でアタリをつけて2ミリのドリルで穴をあける
その後に3.5ミリのドリルでその穴を広げる

090503_DSCN6184.jpg
市販のパーツを埋め込んで完了
実に簡単で効果的

090503_DSCN6185.jpg
なんだか全体が引き締まった気がする

090503_DSCN6193.jpg
その後はクレンザーで全体を洗浄
ドライヤーで乾かしたあと1200番のサーフェイサーを吹く
既存と新規のディテールでの違和感はあまりない
こうやってペタペタと色々貼り付ける作業は実に楽しい
そして、色とりどりとなったパーツがサフで一色になる瞬間がたまらない
さて、次は本命の塗装です

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。