昭和だいすきな日々の工作はTwitter(@mrobo2)で!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レギオス アーモソルジャー 1/72:4』
塗装が完了すると見応えのある完成品となりました。

・3機種3形態
IMG_5920.jpg
色もカタチもバラバラで統一感がとれるか不安でしたが、いい感じに纏まったと感じています。

・ソルジャー壱
IMG_5909.jpg
思い切ってソルジャー(壱)ダイバー(弐)ファイター(参)と貼ってみました。ダイバーが弐だと赤色なのでエヴァンゲリオンの弐号機みたいです。

・ダイバー弐
IMG_5913.jpg
こちらもオリジナルの武装で確かビルダーズパーツ…。手首は友だちからもらったものに差換えました。

・ファイター参
IMG_5917.jpg
自衛隊の航空機からデカールを持ってきてみました。3というとムサシ。ゲッター世代のイメージですね。

・箱絵
IMG_5923.jpg
このボックスアートは本当にカッコいいです!

この完成品は、54回静岡ホビーショー「モデラーズクラブ合同展示会」東京ナイト倶楽部ブースで展示しました。11月に都内で開催されるPRF(プラモデルロックフェスティバル)にも展示できたらいいな、と思っています。

スポンサーサイト
『レギオス アーモソルジャー 1/72:3』
3形態が揃うとワクワクしてきます。ダイバーもファイターも組み上がると嬉しいです。


・3形態
IMG_5490.jpg
3種は頭部が其々違うので、どの色で塗るかはこの段階で決めるひつようがありました。ディスプレイ方法もこのタイミングである程度固めました。


・ガンポッド
IMG_5733.jpg
キットのもでないとファイター時に破綻するのですが、ロボとしては存在感のあるものにしたかったのでビルダーズパーツやプラ板の切り出しなどで自作しました。


・割れる、割れる、またまた割れる…
IMG_5449.jpg

IMG_5413.jpg
とにかく良く割れました。一方で奇麗に割れるので元に戻すのは簡単でしたが「セメントS」がなければ途中で放り出していたと思います。セメントSという接着剤は表彰されてもいいくらいの素晴らしい製品です。コレ無しでは僕の模型ライフは成り立たないくらいです。いつも2本はストックしてます。
『レギオス アーモソルジャー 1/72:2』
2回目はイマイの旧キットがどの様にアレンジされたかを振り返ってみます。


・塗装前
IMG_5384.jpg
マジンボーンに旧キットを着せててあり、ほぼプロポーションが整ってきた段階です。


・WAVE版との比較
IMG_5270.jpg
左が最新のウェーブ版キットになります。ご覧の通り全く違ったプロポーションなので「レギオスじゃないなぁ」ってお思う人もいるんじゃないかと。


・着せ込み
IMG_5226.jpg
骨格はマジンボーンを使います。写真の様にして一つ一つ着せていき馴染むように工作します。


・イマイの旧キットとマジンボーン
IMG_5879.jpg
旧キットを見ると人型でありながらプロポーションは全く人と異なることが判ると思います。これがアーモソルジャーならではの魅力なのですが、今回はマジンボーンのプロポーションありきで工作を進めました。


・箱絵
IMG_5210.jpg
今みたいにCG等はない時代ですが、実に味があってカッコいいボックスアートです。なので、なかなかハコが捨てられずに完成しても積みプラの体積は減りません…。

『レギオス アーモソルジャー 1/72:1』
友だちが譲ってくれたソルジャー、ダイバー、ファイター、アオシマの3機セットを静岡でのイベントに合わせて作りました。

もう半年ほど前のことになりますが、割れるプラに悩まされながらも最終的には3種を3機の3種類で作ることができました。

まずはアーモソルジャーの完成品からご覧くださいませ。

・バスト
IMG_5867.jpg
よく見るとここにもマジンボーンが組込まれているのが判ると思います。

・フロント
IMG_5864.jpg
頭身バランスがキットと全く違うのでウェーブの製品と思われた方もいらっしゃいました。

・バック
IMG_5868.jpg
デカールはほぼ付属のものを使っています。

・バック上から
IMG_5873.jpg
ダメージや汚れは汚らしくならないように派手目にやってみました。

『超時空世紀マクロス 1/72 デストロイド トマホーク』
超時空世紀マクロス 1/72 デストロイド トマホーク

最近返却された過去作から。
WAVEのトマホークはとても良くできたキットです。旧キットでは改造に費やす時間を、これでは妄想へ使いました。懐へに敵の侵入を許した際の武装には機銃がありましたが、砲身を反転させて拳を出し接近戦を行うという妄想です。拳にはAGEタイタス1/100をそのまま使いました。防弾スカートはMGのガンタンクから拝借しています。塗装は全てラッカーの筆塗りで、いい感じの雰囲気でムラがでました。

・砲撃形態
IMG_4849.jpg

・背面にはキャタピラの防弾スカートを装備
IMG_4850.jpg

・砲身を回転させてナックルファイてイングモードへ!
IMG_4851.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。